【EURO展望:グループB】ベルギーの首位通過が濃厚 ロシアやデンマークが2位を争う

 タレント軍団を擁するベルギーが、グループ首位通過を果たすのは濃厚だろう。対抗するは2018ワールドカップで旋風を巻き起こしたロシアや、多土済々のデンマーク。大穴フィンランドは、どこまで猛攻に耐えられるかがポイントとなる。

ベルギーがルカク決勝弾で強豪クロアチアに勝利!ハーランド沈黙のノルウェーはギリシャに惜敗

ベルギー

圧倒的得点力で順風満帆
10戦10勝予選を駆け抜け、手の内を知るロシアが初戦の相手というのも追い風に。首位通過は濃厚だが、エデン・アザールやケビン・デ・ブルイネの調子が唯一の問題だろう。

監督
ロベルト・マルティネス
FIFAランキング1位のチームを指揮するマルティネスは、ウィガンでFAカップを制覇しその名を轟かせた。大舞台でも結果を残し、狙うはEUROのタイトル獲得だ。

キープレーヤー
ロメル・ルカク
アザールがフィットネスの調整に苦しみ、デ・ブルイネがCLでケガを負ってしまった中、ルカクはインテルで充実したシーズンを過ごした。セリエAでMVPに輝いたストライカーは、攻撃を牽引してチームを高みに導けるか。

デンマーク

タレントが揃いグループ突破の可能性は十分
カタールW杯予選で3戦全勝14得点無失点と自信満々でEUROに臨む。今大会で激突するのは強敵ばかりだが、各ポジションにタレントが揃い昨年のネーションズリーグではイングランドにアップセットを演じた。

監督
キャスパー・ヒュルマン
国内でノアシェランをクラブ初のリーグ王者に導いたヒュルマンは、本来ならEURO後に指揮するはずだった2020年8月に就任。延期となったことでチャンスが到来し、母国に栄光をもたらしたい。

キープレイヤー
クリスティアン・エリクセン
攻撃の全権を握る司令塔は、チャレンジだったインテル移籍できっちりと復活を遂げた。グループ3試合が全てコペンハーゲンで行われるのも大きな助けとなり、ヨーロッパ屈指の芸術性が遺憾なく発揮されるだろう。

ロシア

実力を経験で補えば決勝トーナメント進出も
母国開催の2018W杯でベスト8に進出したロシアは、大舞台で結果を残してきた経験が大きな武器となる。重鎮が去った後の守備陣をうまく構築できれば、グループ突破も夢ではない。

監督
スタニスラフ・チェルチェソフ
W杯で上々の結果を残したチェルチェソフは、EUROでもサプライズを目論む。予選で敗れたベルギーとの初戦となり、高いモチベーションで大会に臨めるだろう。

キープレイヤー
アルテム・ジューバ
ゼニトの長身ストライカーは、予選10試合すべてに出場し平均17分に1回チャンスを創出。本戦出場の立役者となった頼れるエースだ。周りと高い連携を披露し、両足やヘディングを駆使した多彩なフィニッシュワークを誇る。

フィンランド

目の前の試合で結果を残していけば…
予選で1勝もできなかった前回大会から、フィンランドは大きく進歩しただろう。EURO2020予選で10戦18ポイントを獲得し、初のメジャートーナメントに進出した。

監督
マルック・カネルバ
学校の先生から巡り巡ってフィンランド代表監督と、異色の経歴を持つカネルバはチームを初の主要国際大会へと導いた。対話を重視するスタイルでチームを一つにまとめ上げ、ヨーロッパ屈指の強敵に立ち向かう。

キープレイヤー
テーム・プッキ
前回大会のアイスランドのようなダークホースとなるには、プッキの活躍が期待されるだろう。予選10ゴールと大爆発した得点力を発揮できれば、今大会を象徴する選手になれるはずだ。

Photo Alex Grimm
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる