サッリがラツィオ新監督に就任!年棒4億円の2年契約を締結

 ラツィオはシモーネ・インザーギの後任に、マウリツィオ・サッリの招聘を発表した。

S・インザーギが今季限りでラツィオ退任 インテル新監督就任が決定的に

 サッリはラツィオと数日間の交渉の末、年棒300万ユーロ(約4億円)程度の2年契約を締結した模様。イタリア『Sky』によると、サッリが最初にラツィオに要求したのは、チェルシーで指導したルベン・ロフタス=チークのローン契約だったと報じた。サッリは2019年にユベントス監督に就任すると、前人未到のセリエA9連覇を達成。しかしUEFAチャンピオンズリーグでラウンド16敗退に終わり、コッパ・イタリアでは決勝で古巣ナポリに敗れわずか1年で解任となった。ASローマやリヨンなど複数クラブが関心を抱く中、サッリが監督業を再開を検討したのは今夏に入ってからだったようで、再びイタリアで指揮を執る事となった。

 Photo Stefano Guidi
編集部 N