トッテナム、前ローマ監督のフォンセカと交渉

 トッテナム・ホットスパーは新監督招聘に向け、ASローマ前指揮官のパウロ・フォンセカと交渉を進めている。

トッテナムがコンテ招聘を画策も… 監督トップクラスの高額サラリーがネックに

 フォンセカとトッテナムは3年契約で交渉を進めており、両者の間でまだ合意には至ってない模様。来週中にはファビオ・パラティーチ氏が新スポーツディレクターに就任し次第、このプロセスに関与していくようだ。トッテナムは先週インテルを電撃退任したアントニオ・コンテと接触するが、折り合いがつかず交渉は決裂。またパリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェティーノを1年半ぶりに招聘しようと試みたが、失敗に終わっている。フォンセカは2年間ローマを指揮し、セリエAで初年度は5位、今シーズンは7位という結果に。UEFAヨーロッパリーグでは準決勝敗退に終わり、今シーズン限りでローマを退任した。

Photo Giuseppe Bellini
編集部 N